アドホール
【 概 要 】
 アドホールは、社団法人 日本下水道協会規格(JSWAS A−11)登録製品で、マンホール設置工事に対する種々のニーズに応えるために、新しい発想を取り入れ、全国各地において管きょ工事の合理化に寄与しております。
社団法人 日本下水道協会
下水道資器材製造工場認定書
前田製管株式会社 本社工場
【 特 徴 】
アドホールは施工性、耐久性そして維持管理を考えた組立マンホールで、徹底した標準化と全国に渡る供給体制を確立しております。
●施工性と経済性
品質管理の行き届いた工場製品を、現場では組み立て作業を主体に施工。高品質な組立マンホールが完成します。しかも、現場打ちマンホールと比べ施工が迅速で経済的です。
●優れた耐震性
アドホールはレベル1及びレベル2の地震動に対応した優れた耐震性を有していますので、地震の多い地域でも安心して使用していただけます。また、液状化による浮上を防止する機能を付加することも可能です。
 
【 性 能 】
アドホールの性能は、社団法人 日本下水道協会規格(JSWAS A−11)です。
●接合部の水密性
2個以上の部材を、シール材を用いて接合し、表1に示す水圧で3分間保持し、漏水がないこと。
表1  接合部の水密性能(単位:Mpa)
性能区分 水圧
I種 0.05
II種 0.10
●側方曲げ強さ
部材を台上に水平に置き、表2に示すひび割れ荷重にまで加圧したときに幅0.05mmを超えるひび割れが発生しないこと。
表2  側方曲げ荷重(単位:kN/m)
  T種 U種
ひび割れ荷重 破壊荷重 ひび割れ荷重 破壊荷重
0号 5.7 8.6 - -
1号 6.9 10.4 13.7 20.6
2号 9.2 13.8 18.3 27.5
3号 11.3 17.0 22.6 33.9
●軸方向耐圧強さ
主要な構成部材(底版、管取付け壁、直壁、斜壁、調整リング及び鉄蓋)を組み合わせた状態で150kNまで加圧したとき、幅0.05mmを超えるひび割れが発生しないこと。
 
製品、施工に関しての詳細は、最寄の各支店へお気軽にお問い合わせください。
 
−戻る−